【キャンペーン】坂ノ途中初回限定で980円(税込)から詳しく見てみる

タケダハムに無添加ウインナーはある?原材料と口コミレビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

毎日のご飯のおかずやお弁当、おつまみなどに人気のウインナー

手軽に食べられるウインナーは添加物がたくさん使われているイメージがありますが、スーパーで購入できるタケダハムに無添加ウインナーがあるか気になりますよね?

今回は、タケダハムに無添加ウインナーはあるのか、原材料と口コミレビューを徹底解説していきます!

この記事で分かること
  • タケダハムに無添加ウインナーはあるのか
  • タケダハムのウインナーの原材料と口コミレビュー
もくじ

タケダハムに無添加ウインナーはある?

結論から言うと、タケダハムの無塩せきシリーズのウインナーに添加物は使われていません。

タケダハムは、大阪市浪速区に本社を置くハム・ソーセージの加工、食肉販売事業を手掛ける食品メーカーです。

タケダハムでは10種類以上のウインナーを取り扱っており、味付けや材料もそれぞれ違います。

タケダハムで取り扱っているウインナーのうち、無塩せきシリーズの2種類のウインナーは添加物が使われていません。

タケダハムの無塩せきウインナーは、発色剤・結着剤や保存料、酸化防止剤、着色料などの添加物が不使用です。

無塩せきシリーズのウインナーは、一般的なウインナーに使用されている発色剤は使われていないため、無塩せきと呼ばれます。

無塩せきとは、発色剤などの添加物を使わずに塩漬けを行うことです。

発色剤はウインナーの色味をよくする目的や、菌の増殖を防ぐ働きがありますが、発色剤として使われる亜硝酸ナトリウムは危険性が指摘されています。

無塩せきウインナーについての詳しい解説は、こちらの記事を参考にしてください。

タケダハムの無添加ウインナーの原材料

ここでは、タケダハムの無塩せきウインナー2種類の原材料を詳しく紹介します。

無塩せきポークウインナー

商品名無塩せきポークウインナー
原材料豚肉(国産)、乳たん白、コーンシロップ、食塩、香辛料、(一部に豚肉・乳成分を含む)
賞味期限製造日より15日間
内容量110g
価格303円(税込)

タケダハムの無塩せきポークウインナーは、発色剤・保存料・着色料を使わずに作られています。

主要原材料には国産豚肉を使用しています。

タケダハムの他のウインナーには、輸入豚肉を使った商品もあるので、国産豚肉が使われていることは安心ですね。

甘味料として使われているコーンシロップは遺伝子組み換えとうもろこしが原料に使われている可能性があります。

ポークウインナーは細引きタイプなので、歯ごたえはやさしく小さなお子さん向けです。

無塩せきあらびきウインナー

商品名無塩せきあらびきウインナー
原材料豚肉(国産)、鶏肉、食塩、砂糖、酵母エキス、香辛料、(一部に豚肉・鶏肉を含む)
賞味期限製造日より15日間
内容量110g
価格303円(税込)

タケダハムの無塩せきあらびきウインナーは、発色剤・保存料・着色料を使わずに作られています。

主要原材料には国産豚肉と鶏肉を使用していますが、うま味調味料として使われる酵母エキスが使用されています。

タケダハムの無塩せきウインナーは一般的な商品に使われている発色剤や保存料などの添加物は使用されていません。

あらびきタイプは、豚肉の食感が残り、ジューシーさが特徴です。

タケダハムの無添加ウインナーの口コミレビュー!

ここでは、タケダハムの無塩せきウインナーの口コミレビューを紹介します。

https://twitter.com/gotattsu/status/1586290260538888194?s=46&t=85J0szr915q0um5XCqnxjg
https://twitter.com/yamatof921/status/1680005274688684032?s=46&t=85J0szr915q0um5XCqnxjg

口コミでは、原材料がシンプルでおいしいと評判ですね。

他にも、以下のような口コミがあります。

スーパーで買える無塩せきで無添加のウインナーって美味しくないものも多いのですがタケダハムのあらびきウインナーはジューシーで美味しい!

ウインナー好きな子どもも大好きです!

タケダハムのポークウインナーをよく購入しています。スーパーで手軽に買える安心な商品なので、常にストックしています。皮も固くなく、子どもも食べやすいようです。お料理につかっても、いい味出ます!

タケダハムの無塩せきウインナーは、大人だけではなく子どもにもおいしいと人気ですね。

実際に私が無塩せきあらびきウインナーを食べてみた感想も紹介します。

食感はパリッとして肉汁も感じられました。豚肉本来の風味がしっかりして、とてもおいしかったです。今回は焼いて食べてみましたが、ポトフなどの煮込み料理に使うのも良いと感じました。

発色剤や着色料を使っていないので、見た目はお肉を加熱した時と同じ色合いですが、安心して食べられることが嬉しいです。

まとめ

今回の記事では、タケダハムのウインナーは無添加であるのか調査しました。

また、原材料や口コミレビューも紹介しました。

タケダハムは様々な種類のウインナーがありますが、その中の無塩せきシリーズのウインナーは発色剤や保存料、結着剤、着色料などの添加物を使用していません。

2種類ある無塩せきウインナーは一部原材料に遺伝子組み換え作物や酵母エキスを使用していますが、主原料の豚肉は国産のものを使用しています。

子どもから大人まで定評のある「タケダハムの無塩せきウインナー」を購入する際の参考にしてくださいね。

無添加のウインナーについては、こちらの記事でも紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆる〜く無添加生活歴5年目!
妊娠中の体調変化をきっかけに、食の安全について考えるようになる。娘はちょっとジャンキーなものを食べると、すぐに体調崩す敏感体質。油断大敵、勉強の日々。
趣味は、美味しいものを食べること。アクセサリー作りが得意なアラフォーママ。

Sponsored

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ