【キャンペーン】坂ノ途中初回限定で980円(税込)から詳しく見てみる

ドラム式の洗濯槽クリーナーで無添加はある?酸素系や界面活性剤不使用も

当ページのリンクには広告が含まれています。
ドラム式の洗濯槽クリーナーで無添加はある?酸素系や界面活性剤不使用も

お使いのドラム式洗濯機は洗濯槽クリーナーでお掃除していますか?

お肌に触れる衣類だからこそ、体にやさしい洗濯槽クリーナーが安心ですよね。では、ドラム式の洗濯槽クリーナーに無添加はあるのでしょうか?

そこで今回は、ドラム式の洗濯槽クリーナーに無添加はあるのか、洗濯槽クリーナーの種類や避けたい成分、おすすめのドラム式洗濯槽クリーナーを解説していきます!

この記事で分かること
  • ドラム式の洗濯槽クリーナーに無添加があるのか知りたい
  • ドラム式の洗濯槽クリーナーの種類が知りたい
  • ドラム式の洗濯槽クリーナーのおすすめが知りたい

ドラム式の洗濯槽を洗浄する際は注意点があります。ぜひ最後までチェックしてくださいね!

もくじ

ドラム式洗濯槽クリーナーで無添加はある?

結論から言うと、ドラム式洗濯槽クリーナーに無添加の商品はあります。

しかし、ドラム式洗濯槽クリーナーの「無添加」の表記に厳密なルールはありません。

石けんや洗剤に使われる「無添加」の定義は製品を販売するメーカーの判断に委ねられています。

例えば、洗濯洗剤の成分に蛍光剤が入っていないだけでも「無添加」と表記ができます。

このように、石けんや洗剤の「無添加」表記は、必ずしも安心安全なものとは言えません。

何が使われていて、何が使われていないのか、体にやさしい成分なのかは成分表示を確認し判断しましょう。

それではドラム式洗濯槽クリーナーの種類や避けたい成分について解説していきます。

ドラム式洗濯槽クリーナーを選ぶときの参考にしてくださいね!

ドラム式洗濯槽クリーナーの種類や特徴は?

ドラム式洗濯槽クリーナーの種類と特徴を解説していきます。

まず洗濯槽クリーナーには「塩素系」と「酸素系」の2種類に分けられます。

それぞれの洗浄成分や特徴などの違いをまとめました。

塩素系クリーナー

塩素系洗濯槽クリーナーは、主な成分に次亜塩素酸ナトリウム、水酸化ナトリウムが使われています。

黒カビ汚れや雑菌を分解する強い殺菌力があり、汚れを溶かして落とすことが特徴です。

はじめて洗濯槽を掃除をする場合や汚れがひどい洗濯槽に向いています。

しかし、殺菌力が強いため肌への刺激も強く、使用後は塩素系特有のツンとした刺激臭が残る場合があります。

酸素系クリーナー

酸素系洗濯槽クリーナーは、主な成分に過酸化水素、過炭酸ナトリウムが使われています。

発泡により汚れを剝がし取るため、浮いてきた汚れを見ることで洗浄効果をより感じることができます。

しかし、発泡することでドラム式洗濯機の自動排水機能を作動させてしまうので、ドラム式洗濯機に使用できない酸素系クリーナーもあります

ドラム式使用可否の確認は必須です。

殺菌力は塩素系には劣りますが塩素系に比べて刺激臭が少なく、肌や環境への負担は少ないです。

塩素系クリーナーと酸素系クリーナーの違い

塩素系クリーナー酸素系クリーナー
主成分次亜塩素酸ナトリウム過炭酸ナトリウム
洗浄方法強い洗浄力と殺菌力で汚れを溶かし落とす発泡力で汚れを剥がし落とす
メリット・殺菌力が非常に強い
・使い勝手がいい
・掃除時間が短い
・肌や環境にやさしい
・刺激臭が少ない
デメリット・肌への刺激が強い
・塩素臭がある
・掃除時間が長い
・塩素系より洗浄力が劣る
・ドラム式洗濯槽には使えないものもある

一般的に、塩素系クリーナーと酸素系クリーナーは使用頻度で使い分けるのが良いとされています。

塩素系は半年に1回、酸素系は1〜2ヶ月毎に使用すると効果を発揮しやすいです。洗濯機メーカー各社は、ドラム式の洗濯槽クリーナーには、塩素系クリーナーの使用を推奨しています。

塩素系クリーナーが推奨される理由は、主成分と洗浄方法にあります。

塩素系クリーナーは次亜塩素酸で汚れを溶かし落とすので、洗浄中に黒カビ汚れを網で取り除く必要はありません。

このため途中で扉を開けることができないドラム式に向いています。

また、酸素系クリーナーの特徴である泡で落とす洗浄方法の場合、ドラム式の泡消し機能が作動し、停止または自動排水してしまいます。

洗濯槽クリーナーの効果が十分発揮できないうえ、洗濯機の故障の原因となります。

このような理由から、電機メーカーもドラム式洗濯槽クリーナーには塩素系クリーナーを推奨しています。

しかし、塩素系クリーナーは使い勝手がいい反面、肌への刺激が強くおすすめできません。

では塩素系クリーナーに使われている危険な成分とはなんでしょうか?

塩素系クリーナーの避けたい成分は?

塩素系クリーナーに入っている成分で避けたいものは、次亜塩素酸ナトリウムと合成界面活性剤です。

それぞれ避けたい理由を解説していきます。

次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムは数百倍に薄めたとしても、直接触ってしまうと皮膚がただれてしまう危険な成分です。

誤って飲んでしまった場合や目に入ってしまった場合、人体への害が大きいです。

また、お酢やクエン酸などの酸性のものと混ぜると有毒な塩素ガスが発生し大変危険です。

掃除の際、間違えて混ぜてしまうと命の危険もあるので、取り扱いには注意が必要です。

合成界面活性剤

界面活性剤とは本来混ざらないものを混ぜ合わせ、それらを分離させないために必要なものです。

一般的に界面活性剤の脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムが「石けん」と呼ばれます。

それ以外を合成界面活性剤(合成洗剤)と呼びます。

合成界面活性剤は数千種類ありますが、特に石油由来のものは肌に残りやすいとされ、直接触ることで手荒れやかぶれの原因になる等の人体へ悪影響を及ぼすことが懸念されています。

2種類とも、肌の弱い方や子どものいる家庭では避けたい成分です。

ドラム式洗濯槽クリーナーには塩素系クリーナーが推奨されていますが、安心できるものを使いたいですよね。

では肌にやさしい洗浄成分の酸素系クリーナーで、ドラム式洗濯槽に使えるものはあるのでしょうか?

ドラム式洗濯槽クリーナーで酸素系や界面活性剤不使用もある?

ドラム式の洗濯槽クリーナーにも使える、酸素系クリーナーはあります。

肌に負担の少ない酸素系漂白剤は、一般的に界面活性剤(石けん)の発泡力を利用して汚れを落としていますが、泡で汚れを落とす洗浄方法だとドラム式の泡消し機能が感知し、自動排水してしまい効果を発揮できません。

ドラム式洗濯槽にも使える酸素系クリーナーは、界面活性剤を使わずに泡立たない洗浄方法で汚れを落としたり、泡の量が調整されています。

洗浄中に止まったり自動排水することもなく、正しく使えば故障の原因になることもありません。

酸素系ドラム式洗濯槽クリーナーおすすめ5選!

ドラム式の洗濯槽に使える、酸素系クリーナーを5つ紹介していきます!

エコプラッツ【洗濯槽キラリ】

商品名洗濯槽キラリ
特徴人にも環境にもやさしい成分で汚れを落とす
成分過炭酸ナトリウム(酸素系)、脂肪酸ナトリウム、酵素、クエン酸、再汚染防止剤、焼成カルシウム、オレンジオイル
内容量400g×2袋
種類酸素系(塩素系洗浄剤、石油由来の界面活性剤不使用)
形状粉末
販売社エコプラッツ

洗濯槽キラリは、汚れを漂白成分の泡ではぎ取り、バイオ(酵素)の力で分解します。

再汚染防止剤・オレンジオイル・酵素を配合し洗濯槽を清潔に保ちます。

一般的な酸素系クリーナーは40~50℃のお湯を使用するのが効果的ですが、低温でも溶けやすい過炭酸ナトリウムを使用しているため30℃程度の水でも効果を発揮します。

トータルヘルスデザイン
¥1,480 (2023/08/26 04:21時点 | 楽天市場調べ)

※槽洗浄コースのあるドラム式のみ使用可能です。

アーネスト【洗濯槽キレイサッパリストロング】

商品名洗濯槽キレイサッパリストロング
特徴界面活性剤不使用で泡立たず汚れ具合がわかりやすい
成分過炭酸ナトリウム、珪酸塩、炭酸塩、クエン酸塩、ホウ素、ホタテ焼成カルシウム、たんぱく分解酵素、酸素活性剤
内容量180g
種類酸素系(塩素系洗浄剤、界面活性剤不使用)
形状粉末
販売社アーネスト

洗濯槽キレイサッパリストロングは、酵素活性剤を含む8種類の配合成分でカビや雑菌、洗濯カスを取り除きます。

界面活性剤、塩素系洗浄剤は使っていないので、ツンとした嫌なにおいはありません。

使用後はすぐに洗濯できます。

軽量スプーンとチャック付き袋なのでそのまま保管できますよ。

※槽洗浄コースがあるドラム式洗濯機のみ使用可能です。

HIYU 飛雄商事【カビナイト泡が立たない洗濯槽クリーナーST】

商品名カビナイト泡が立たない洗濯槽クリーナー ST
特徴成分の99%以上を無機物で構成した安心の原材料
成分過炭酸ナトリウム、炭酸ナトリウム、メタ珪酸ナトリウム、クエン酸ナトリウム、ホウ素、ホタテ焼成カルシウム、たんぱく分解酵素
内容量200g(50×4包)
種類酸素系(塩素系洗浄剤、界面活性剤不使用)
形状粉末
販売社HIYU 飛雄商事

カビナイト泡が立たない洗濯槽クリーナー STは、7種類の成分をバランスよく配合し、カビや洗濯カスを取り除きます。

成分の99%を無機物で構成した洗濯槽クリーナーです。

使う人にも環境にもやさしく、界面活性剤や塩素系洗浄剤は使用していません。

※槽洗浄コースのあるドラム式のみ使用可能です。

その他ドラム式洗濯槽クリーナーおすすめ2選!

ドラム式の洗濯槽に使える、酸素系でも塩素系でもない洗濯槽クリーナーを2つ紹介します!

レックビー【激落くん石けんカスを分解する洗濯槽クリーナー】

商品名激落ちくん 石けんカスを分解する洗濯槽クリーナー
特徴塩素系でも酵素系でもない第三の洗濯槽クリーナー
成分金属封鎖剤(アスパラギン酸ジ酢酸4Na)、pH調整剤
内容量400g
種類その他(塩素系洗浄剤、酸素系洗浄剤、界面活性剤不使用)
形状液体
販売社レックビー

激落ちくん石けんカスを分解する洗濯槽クリーナーは、塩素系でも酸素系でもなく、キレート剤の力で汚れを分解除去します。

洗濯洗剤に石けんを使われている方におすすめの洗濯槽クリーナーで、排水時に排水ホース内も洗浄されます。

キレート剤は環境にも人にもやさしい成分なので安心して使うことができます。

朝日メインテナンス工業【あくしゅうたいじ君洗濯機用】

商品名あくしゅうたいじ君洗濯機用
特徴3つの菌の力で洗濯槽の汚れやカビを除去し消臭
成分ポリプロピレン、ポリエチレン、ナイロン、特撰土壌菌炭材
内容量1個
種類その他(塩素系洗浄剤、界面活性剤不使用)
形状ボール
販売社朝日メインテナンス工業

バイオが入ったプラスチックのボールを洗濯機に入れて洗濯するだけ。

自然界に存在する3つの菌(酵母菌・土壌菌・乳酸菌)の働きで、洗濯槽のカビや汚れ、雑菌を除去します。

1回の洗浄で落とすのではなく、毎日の洗濯時に洗剤と一緒に入れるだけでゆっくりと洗濯槽をきれいにしてくれます。

約3ヶ月後には洗濯槽がきれいになり、嫌なにおいを退治してくれます。

塩素、界面活性剤不使用です。

朝日RIS〜輝き〜
¥1,320 (2023/08/26 04:28時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

今回の記事では、ドラム式の洗濯槽クリーナーに無添加はあるのか?種類や特徴、避けたい成分を解説し、酸素系クリーナーのおすすめを紹介しました。

ドラム式洗濯槽クリーナーに無添加表記はありますが、厳密なルールはなくメーカー独自の無添加表記であるため、成分表示を確認することをおすすめします。

ドラム式洗濯槽に推奨されている塩素系クリーナーには、人体へリスクのある成分が入っているため、体や環境にやさしい酸素系クリーナーが安心です。

ドラム式洗濯槽には不向きな酸素系クリーナーですが、ドラム式洗濯槽にも使える界面活性剤不使用で泡立ちの少ない、酸素系クリーナーを紹介しました。

ドラム式洗濯槽クリーナーを購入する際の参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容も健康も“You are what you eat”をスローガンに、家族で無添加生活中!妊娠をきっかけに食の安全について学ぶようになる。エステティシャンとして「体の内側から美しくなる」を発信する傍ら、ママとしてヤンチャ坊主と肌よわ夫の健康を守る。

Sponsored

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ