【ノンオイル】【砂糖不使用】ココアバナナグラノーラ おやつにピッタリ◎

【ノンオイル】【砂糖不使用】ココアバナナグラノーラ おやつにピッタリ◎

グラノーラを朝食や間食に取り入れている方も多いのではないでしょうか?

グラノーラは食物繊維が豊富なオートミールが主原料で、ドライフルーツやナッツも含まれるため栄養価も高いです。

ただ、市販のグラノーラは大量の砂糖や質の悪い油、添加物が含まれているものが多く、健康的とは言い難いのも事実。

今回はノンオイルかつ砂糖などの甘味も使わずに作れるグラノーラをご紹介します。

あみこ

材料を混ぜてオーブンで焼くだけで簡単に作れますよ!

【アレっ子のためのノンオイル・少オイルレシピ】
  • 脂質は私たちにとって重要な栄養素のひとつです。
  • しかし、私たちの食生活は気づかないうちに脂質の摂取量が増え、様々な不調の原因になることもあります。
  • 脂質過多な食事は消化しにくく、アレルギーっ子には負担になる場合も。
  • 【アレっ子のためのノンオイル・少オイルレシピ】では低脂質・ノンオイルのレシピやヘルシーに仕上げる工夫などをお伝えします!
もくじ

【ノンオイル】【砂糖不使用】ココアバナナグラノーラ おやつにピッタリ◎

今回のレシピのポイント

バナナを加えることでノンオイルでもグラノーラのざっくり感を再現!

お砂糖を使わず自然な甘さなので、こどものおやつにも◎

低温でじっくり焼くことで甘さを引き出します。

作り方と材料

バナナはなるべく熟して柔らかくなったものを使いましょう。

固めのバナナでもできますが、ペースト状にするので柔らかい方がつぶしやすいですし、

なにより甘さが増します。

あみこ

ナッツは一種類でも良いですが、色々な種類を混ぜる方が風味豊かになり、食感も楽しめますよ!

オーブンを150℃に予熱しておく。

高温で短時間で焼き上げることも可能ですが、焦げ付いてしまうと苦味のもとになるので今回は150℃に設定しています。


【作り方】

※オーブンを150℃に予熱しておく。

①ボウルにオートミール、ココア、自然塩を入れ混ぜ合わせる。ナッツは細かく刻む。

②別のボウルにバナナを入れてつぶす。

③②のボウルに①を入れてよく混ぜ合わせる。

④オーブンシートをひいた天板に③を広げて、150℃で20分焼く。

⑤20分経ったら一度取り出し、天板の上で軽く混ぜ、再度150℃で5分焼く。

【材料】

・オートミール(インスタントタイプ)・・・100g

・ココア・・・10g

・自然塩・・・ひとつまみ

・バナナ・・・1本(約100g)

・お好みのナッツ・・・30~50g

詳しい作り方

STEP
ボウルにオートミール、ココア、自然塩を入れ混ぜ合わせる。ナッツは細かく刻む。

粉類はまんべんなく混ぜ合わせます。

あみこ

ナッツの細かさはお好みですが、お子様が食べる場合は誤嚥防止のためにもなるべく細かく刻みましょう。

STEP
別のボウルにバナナを入れてつぶす。

バナナはなるべくペースト状になるようにつぶします。ペースト状にすることで粉類とあわせたときに混ぜ合わせやすくなります。

あみこ

熟していない固めのバナナを使用する場合は、ブレンダーなどを使うのがおすすめ!

STEP
②のボウルに①を入れてよく混ぜ合わせる。

スプーンなどでよくかき混ぜます。全体がココア色になればOKです。

STEP
オーブンシートをひいた天板に③を広げて、150℃で20分焼く。

なるべく平らに広げ、全体にオーブンの熱があたるようにします。

STEP
20分経ったら一度取り出し、天板の上で軽く混ぜ、再度150℃で5分焼く。

20分後に一度オーブンから取り出し、天板の上でかき混ぜます。

焼き上がりにムラができてしまうのを防ぐためです。

熱くなっているので注意してください。

あみこ

ザクザク食感が好きな方はこの時に混ぜすぎず、固まりを少し残しておきましょう!

混ぜ終えたらもう一度オーブンで焼きます。

焼き具合が足りないようでしたら、様子を見ながら追加で焼いてください。

STEP
できあがり

粗熱が取れたら完成です!

今回はバニラアイスのトッピングにしてみました。

もちろん定番のヨーグルト、お好みのミルクとの相性もばっちり!

そのままクッキーのような感覚でザクザク食べても美味しいですよ。

あみこ

お好みで、レーズンなどのドライフルーツを加えてもいいですね。

今回使用したこだわり食材

①バナナ(パルシステム)

バナナは炭水化物はもちろん、たんぱく質、ビタミンBやカリウム・マグネシウムなどが栄養素が手軽に摂れる果物です。

朝食や間食に取り入れている方も多いのではないでしょうか?

私たちが普段スーパーなどでみかけるバナナの多くは、フィリピンなど海外から輸入されたもの。

最近ではスーパーでもたまに、有機JAS認証のバナナを見かけるようになりましたね。

より安全性を求めるなら、オーガニックのバナナがオススメです。

バナナだけでなく、海外から輸入される果物には防カビ・防虫を目的とした輸入食品への食品添加物として許可されている農薬が使用されている可能性があります

防カビ剤が使用された果物には、使用した物質名を表示するように決められていますので購入の際は一度確認してみてください。

エコバナナのおすすめポイント!
引用:https://item.pal-system.co.jp/fruit/homton-banana/
  • 今回使用したのは、パルシステムで購入できるエコ・バナナ(ホムトン)というタイ産のバナナです。
  • このバナナは「無農薬栽培」、「収穫後も化学合成農薬不使用」「カビ対策として手作業でていねいに水洗い」、などのこだわりがあります。

配達エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、長野、静岡、新潟(一部配達をしていない地域があります。)

参照:用途別 主な食品添加物 防かび剤又は防ばい剤|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局 (tokyo.lg.jp)

②オーガニックピュアオートミール(日食)

ココデカウ
¥378 (2022/06/25 12:21時点 | 楽天市場調べ)

オートミールはオーツ麦を加工したもの。

精白せずに外皮が残ったままのため、できればオーガニックのものを選びたいですね。

今回はスーパーやドラッグストアなどでも比較的手に入りやすい日食のオーガニックピュアオートミールを使用しました。

  • オートミールは食物繊維、鉄分やたんぱく質、ビタミンB1などの栄養素が豊富です。
  • オートミールには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
  • また、発酵性食物繊維も含まれるため腸内環境を整えるにはもってこいの食材ですね。
  • ただし、食べすぎるとお腹が張ってしまったり、便秘の原因になってしまうこともあるので注意してください。

③オーガニックココア(桜井食品)

ココアの原料であるカカオには抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれています。

また、日本人に不足しやすい亜鉛も含まれているので飲み物やおやつなどで上手に取り入れたい食材のひとつです。

ココアを選ぶときは、砂糖や添加物など余計なものが入っていない純粋な「ピュアココア」を選択するのが賢明。

飲み物として飲むときは、メープルシロップやはちみつなどで甘みをつけたり、お好みのミルクで溶かして飲むといいですね。

  • カカオは残留農薬の検出が多い輸入品の一つです。
  • お楽しみとしてたまにココアを飲むのであれば、気にすることはないかもしれませんが、
  • 「健康のために」「体に良いから」という目的であれば有機栽培のものを選択したいですね。

まとめ

今回はノンオイルで作るグラノーラをご紹介しました!

今回はきちんと計量して作りましたが、何回か作っていると目分量でもできてしまうレシピです!

焼き時間は少し長くなってしまいますが、混ぜて焼くだけなのでとても簡単!

お子様と一緒でも作りやすいですよ。(ヤケドには注意してください!)

ぜひ、お試しくださいね!

あみこのレシピ集

【アレっ子のためのノンオイル・少オイルレシピ】では低脂質・ノンオイルのレシピやヘルシーに仕上げる工夫などをお伝えします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

卵アレルギー&アトピーっ子ママ。子どものアレルギーをきっかけに食の質や脂質栄養について学ぶ。Instagramでは「からだにやさしい滋味ごはん」をテーマにプーファオイルフリー・オーガニック・無添加を大切にしながら、アレルギーっ子と楽しむ食について発信中。
座右の銘は「焦らない、がんばらない、無理しない」

Sponsored

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ